自著の紹介

『まんが版 緊張をとる 人前編』

「まんが版 殻を破る編」は来春、刊行予定

↓↓↓ ここをクリックでAmazonに飛びます


●「クレヨンしんちゃん」初代・野原しんのすけ役の矢島晶子さん
も推薦!
「伊藤先生のレッスンと本から「ズルも工夫」と学びました。
ズル(工夫)して成長につなげるのにこのまんが版はおすすめです! 」


●amazonで1位になることができました

●俳優の近藤芳正さま

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『集中力のひみつ』

前著『緊張をとる』で書けなかった集中力を”感受性の集中力”と”論理性の集中力”に分けて解説。
ツボや食べ物では集中力はつきません

↓↓↓ ここをクリックでAmazonに飛びます

●Amazonで1位になることができました

●元Amazonのカリスマバイヤー、現在は日本を代表するビジネス書評家、土井英司さまが発行するメルマガ「ビジネスブックマラソン」
話題となった、あの『緊張をとる』シリーズの第2弾。

若手俳優の指導に定評のある演技トレーナー、伊藤丈恭氏が集中力を高めるコツを指南しています。

集中力を「感受性の集中」と「論理性の集中」に分けて論じたり、
「集中力は単独では存在しない」ゆえに直接コントロールできない、
と喝破したあたりが新しい。

演技に必要な「感情」「リラックス」「集中力」「想像力」などを養うのが目的で、クリエイティブな仕事をする人には、きっと役立つ内容だと思います。

プロの指導を体感できる、興味深い内容です。

●朝日新聞デジタルさま

「バカのまま死ぬ」のが嫌なら絶対必読、圧巻のドジョウ大盛り名著

本のアプリ stndo
前作よりも更に面白くなって、そして前作よりも凄いこと書いてあって、別の意味で頭パッコーンってやられた感じ。

●コピーライター・物書きが学びたいヒット作の1行目辞典
集中力を扱った本で具体的なやり方を書いてる本って意外に少ない。
しかも、演技の先生というのだから面白い。

本文中には、集中力をつけるためのトレーニングの数々が紹介されるとともに、集中とは何ぞや?という言事が誠のセリフを通じて語られます。
結論は、集中力を無視したら集中できる、と。

実践的な内容で、目からうろこの内容も多い。
けっこうビジネスパースンに参考になるのではないかと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『緊張をとる』

 ↓↓↓ ここをクリックでAmazonに飛びます

●堀江貴文イノベーション大学校 公式の書評ブログ
『何を読もうか迷ってる人に絶対におすすめしたい本』

●元Amazonのカリスマバイヤー、現在は日本を代表するビジネス書評家、土井英司さまが発行するメルマガ「ビジネスブックマラソン」
「意識を変える」方法を指南した、画期的一冊。
緊張を取る方法については、比較的知っている方だと思っていましたが、「こんなやり方があったのか!」と目からウロコのメソッドも書かれており、さすが俳優を指導している方は違う、と感銘を受けました。
おすすめの一冊です。

●ランキングシェア by GMO
本当に大切な「話す力」を学ぶ!プレゼン上達におすすめな書籍ランキング。
※6位に入ることができました。

●順空和尚の一分で読めて一生忘れない悟りのお話
進歩を、後退と、見誤るカラクリ。

●アカデミーヒルズ ライブラリアンの書評
装丁のゆるいイラストに油断してしまいますが、書かれている内容はなかなか高度なアプローチ。
やわではありません。脱力&ユーモアにあふれ、サクサクとおもしろく読めてしまうのです。

●マイナビ ニュース
丸善本店でのロングセラー演劇書は緊張を解放するビジネス書。
ほとんど一般には知られていない、緊張をとるための演劇的アプローチだが、
俳優ばかりか、人前に立つ機会のある一般人にも有効なヒントが多く含まれている。

●この国では犬が
タイトルといい表紙といい脱力系ですが、名著と言って差し支えないと思います

●タカハシマイさんの偏愛する5つのもの(Czecho No Republic)

●overcome a hurdle in one’s life
プレゼンでの緊張をとるには今の自分のこだわりを全部捨てること

●pictadesk
…この本に出合えて良かった…

●読書メーター
演劇技術だけでなく、生き方や考え方にも大きなヒントにつながった

●二児の母が年300冊読むブログ
普段の生活に使えるものの考え方、ポジティブ感情とネガティブ感情の使い方など

●amazonで1位になることができました

●喜久屋書店 心斎橋ハンズ店さま

●ジュンク堂書店 高松店さま

●ジュンク堂書店 大宮高島屋店さま

●俳優の近藤芳正さま